メニュー
最新情報 rss
2017年06月27日(火) 製品情報

「バトルリング」の3つのエリアの傾斜角度とコマの回り方

前回の製品情報でお伝えしましたように、バトルリングは3つのエリアから構成されています。
3つのエリアの角度にはそれぞれ意味・目的があります。

まず一番外側の「ランディングエリア」は、メカベーを水平に安定回転させると、その場にかろうじて留まれる角度に設定しています。シャフト先端部が少しでも丸みを帯びていると、中心方向へ回転しながら移動して(おりて)いきます。シャフト先端部の丸みが大きいとすぐに中心部に速い速度で動いていきます。

直径222ミリの「バトルエリア」は、メカベーが水平に安定して回っていれば、直線的に中心部に向かって駆け降りる(滑り降りる)角度に設定しています。傾いて回転していると、バトルエリアを螺旋(らせん)を描くように降りていきます。

中心部の「センタースポット」は、直径が40ミリでかつ、中心部分が外周部よりも1ミリ低くなっていますので、直径が20ミリ以上のコマ同士は必ずバトルを展開します。必ずバトルが起こるエリアです。

コマを回す台 バトルリングの3つのエリアの説明