メニュー
最新情報 rss
2017年06月20日(火) 製品情報

ハイテク金属コマ専用「バトルリング」の特徴とバトル戦術

金属コマを回す台 バトルリングの特徴
【熱いバトルを演出する3つのエリア】

  コマを回す台の透明バトルリングは以下のような特徴により、様々な対戦方法・戦術をとることができるようになっています。

1.ランディングエリア 縦横530ミリ x 530ミリ
金属コマを着地させるための広いエリア。緩やかな傾斜がついており、次第にバトルエリアへ導きます。

2.バトルエリア 直径222ミリ 急なスロープにより金属コマをセンタースポット方向へ誘導するエリア。2個以上でバトルをするときには激しいバトルが行われるエリアです。

3.センタースポット 直径40ミリ
最終決戦エリア。周囲の傾斜により、金属コマはこのセンタースポットに導かれ必ずバトルを演じることとなります。 金属コマ1個でタイムトライアルをするときは、直接メコマをこのエリアに着地させタイムトライアルをおこないます。


  これらの3つのエリアを使って様々な戦術をとることができます。代表的な戦術として以下の2つがあります。

<戦術1> ランディングエリアの緩いスロープを利用してバトルまでの時間を稼ぐ。
ランディングエリアの外周部近く、特にコーナーに金属コマを着地させて安定状態で回転させるとバトルエリアへ進むまでに数十秒かけることができます。 この特性を利用して、対戦相手のコマの回転数の低下を待ってからバトルエリアに入り加速を生かして勢いよくぶつけるという戦術をとることができます。

<戦術2> 加速させてぶつける。
バトルエリアは急なスロープがついていますので、金属コマを直滑降させ加速させて対戦相手のコマに勢いよくぶつけることも、弧を描かせて降下させ相手のコマの側面からゆるやかに攻撃することもできます。