メニュー

バトルリング:専用の台(床 土俵 )の使い方 対戦方法 (戦術)


バトルリングについて

こまを回す台・バトルリング

バトルリングは530ミリ四方の四角いリングで、メカベーを着地させる緩いスロープ(傾斜)のランディングエリアと、その中央部に位置し急なスロープによりメカベーを誘導しバトルを演じさせるバトルエリアと、さらにその中心に位置する直径40ミリの緩スロープのセンタースポットの3つのエリアで構成されています。

  1. バトル対戦用として

    ィングエリアは、双方のメカベーを着地させるためと、着地後にしばし回してその雄姿を誇り相手を威圧するために設けられています。
    バトルエリアはその急なスロープによりメカベーを中心方向へ加速させて激しいバトルを行わせるように設けています。
    センタースポットは、先に到達したメカベーが留まり相手方メカベーを迎え撃つためのスポットです。
    日本古来の相撲の土俵や剣道の仕切り線のように対戦相手どうしが一時対峙し対戦相手を認識してからバトルする(戦う)という伝統にもとづいています。

    ィングエリアにも緩いスロープがついていますので、ランディングエリアに着地したメカベーは徐々にバトルエリアに向かって移動します。ランディングエリアの外周部近くにメカベーを着地させて安定状態で回転させるとバトルエリアへ進むまでに数十秒かけることができます。この特性を利用して、対戦相手のメカベーの回転数の低下を待ってからバトルエリアに入り加速を生かして勢いよくぶつけるという戦略をとることができます。

    エリアは急なスロープがついていますので、メカベーを直滑降させ加速させて対戦相手のメカベーに勢いよくぶつけることも、弧を描かせて降下させ相手メカベーの側面から攻撃することもできます。

    バトルエリアの中心は直径40ミリの緩い傾斜のセンタースポットとなっており、先にバトルエリアのスロープを駆け下ったメカベーはこのセンタースポットで防御態勢をとることができます。

  2. タイムトライアル対戦用として

    続時間を競うタイムトライアルはメカベーをセンタースポットで回して行います。
    センタースポットの中心は直径40ミリの周辺部よりも1ミリ低くなっていますので、メカベーは全て最終的にはセンタースポットの中心部に到達しそこで回転し続けます。バトルエリアの急斜面にメカベーを滑るようにランディングさせるとランディングのショックが少なくスムーズにセンタースポットへ導くことが出来ます。


実戦ノウハウ

  1. メカベーをランディングエリアに水平に着地させて安定回転モード(定点回転モード)にして戦うか、やや斜めに着地させてランニングモード(移動モード)にして戦うかを最初に決める
  2. ランディングエリア全体のコンディション(傾きやキズの有無)を読む 
  3. ランディングエリアでのメカベーの軌道を読む(予測する)
  4. 安定回転モード(定点回転モード)ではランディングエリアの四隅を有効に使いバトルエリアへ進むタイミングを計る
  5. タイムトライアルではセンタスポットに直接ランディング(着地)させる